• ホーム
  • 【気になる知識】注文住宅は完成までに平均どのくらいかかる?

【気になる知識】注文住宅は完成までに平均どのくらいかかる?

住宅を選ぶ場合は、完成までの期間を知ることも大切です。完成までの期間で引き渡しの時期が決まり、住宅ローンの手続きも発生します。引き渡しの期間がずれることにより、住宅ローンの手続きにも影響するので注意が必要です。工事をする期間を工期と呼び、現場で管理されます。住宅の工事は建築確認申請がおりた時点で可能となり、職人等の都合がつき次第始まるのが一般的です。工期のズレは施主の予定にも影響するので、なるべく生じない注意が必要です。

住宅を建築する場合の一般的な期間は数ヵ月と言われています。しかし、職人の手配等の理由により十数ヵ月まで延びることもあります。数ヵ月から十数ヵ月までの期間を想定しながら、着工前に工期を確定させておくことが大切です。注文住宅では工事に入る前にプランを決めておく必要があります。プランに必要な期間に基準はありませんが、あまり時間が少ないと危険です。プランに要する時間が短いことにより、施主の意向が施工者に伝わらない場合もあります。注文住宅を成功させるためには、プランの作成に十分な期間を取る必要があります。
注文住宅では予算の決定が重要な意味を持ちます。工事前の準備としてはプランと予算の決定があり、工期とも深く関わります。さらに工事の前の準備では建築確認申請があることも忘れてはいけません。建築確認申請を提出しなければ、住宅の工事を行うことはできません。通常は1週間から2週間で役所等の審査は終わります。準備期間を含めると、工事にかかる期間は平均で数ヵ月が一般的です。さらに特殊な事情がある場合はその期間が十数ヵ月になるという認識が必要です。
住宅の工期は平均に関わらず、個別の事情を考慮することが大切となります。計画の初期の段階で、予算と共に工期に関する打ち合わせを行い、十分に意見を統一することが必要です。工期に関して影響する項目に途中の変更があります。プランを決める初期の段階では変更の影響はありませんが、建築確認申請以降の変更は大きく工期を遅らせることになるので注意が必要です。施主の都合による工事途中の変更も避けなければなりません。特にプランの変更は計画の段階で留めておくことが大切となります。
建築工事は自然相手の仕事なので、期間にズレが生じることはやむを得ません。対策として余裕のある計画を初期の段階で用意することが大切です。特殊な工法を用いる場合も施工業者との十分な打ち合わせをすることが前提となります。住宅は準備段階での打ち合わせがとても大切です。予算や期間などの要望は必ず施工業者に伝えることが成功のために必要となります。

関連記事
人気記事一覧