• ホーム
  • ハウスメーカーと工務店は○○が違う!メリット・デメリットを解説

ハウスメーカーと工務店は○○が違う!メリット・デメリットを解説

書類を出している女性

住宅を建てるのはハウスメーカーだけではなく、工務店もあります。ハウスメーカーと工務店の違いを知ることで依頼先の選択肢が広がります。両者の違いは歴史的なもので、その背景を知ることは重要です。工務店の前身は大工で、その中心となる棟梁が発足に関わる例が多くあります。それに対してハウスメーカーは戦後にできた工場生産の住宅会社が前身です。特にハウスメーカーは、はじめから近代的な産業として発足し、全国的な組織が多い点は特筆すべきことになります。
工務店で全国展開しているところは少なく、多くは地域産業として活躍しています。地域産業である点はメンテナンスの有利さとして働くので注目することが必要です。一方、メリットは技術力にあります。大工として経験豊富なスタッフが多く、任せておく信頼に足る組織を形成しています。技術力には地震に対する耐震性や長持ちする耐久性に関するものがあり、ハウスメーカーより優れる部分もあります。ハウスメーカーは職人を雇用している場合が少なく、工事のほとんどを下請けが担当します。さらに品質が良く、工期の予測がつきやすい点もメリットです。直に依頼した場合は工期を計画的に示してくれるので、約束どおりの完成が期待できます。それに対してハウスメーカーは工務店を下請けとして使うため、工期がずれる場合が発生することに注意が必要です。品質の高さは技術力に裏打ちされたもので、全国的に認識されています。下請けの割合が低くなるために予算管理に無理が無く、品質をさげる圧力が発生しにくいことも安心できる材料です。
ハウスメーカーは高い技術力を持っていますが、必ずしもそれが消費者のために使われるとは限りません。その技術力は会社の利益のために使われるのが一般的です。そのため、高い技術力が価格に反映されず、最終的な販売価格も割高です。工務店はその技術力を品質向上に使うことができるので、コストパフォーマンスが高まります。施主の要望を理解してもらえば、その要求が通りやすいのは工務店の方で、どちらも使い方次第と言えます。
工務店に依頼する場合のデメリットは、事業の規模が小さいことによるリスクです。工事中に経営が不安定になるリスクはハウスメーカーよりも多いといえます。さらにデメリットとして、地域により品質にバラツキがある点があげられます。事業の規模が小さいことで職人が確保できない場合は、品質に影響するリスクが発生します。そのリスクを減らすには、他の会社に完成を約束してもらうことも考えなければなりません。

関連記事
人気記事一覧