• ホーム
  • 木造住宅に長けているハウスメーカーをドドンと紹介!

木造住宅に長けているハウスメーカーをドドンと紹介!

住宅を分類するには構造を基準にする方法が便利です。住宅の構造には軽量鉄骨や鉄筋コンクリート造の他、木造があります。木造住宅は日本で特に人気があり、多くのハウスメーカーが対応しています。スウェーデンハウスは木質系パネルを強固に接合したモノボックス構造で定評があります。スウェーデンハウスのモノボックス構造は地震に対する耐震性が高いと評判です。

積水ハウスのシャーウッドは土台の無い独自の工法を採用しています。土台が無いことにより木材の耐久性が高まると共に、柱の力が直接基礎に伝わるメリットが派生します。土台の無い工法は建築基準法に定められた一般的なものではなく、積水ハウスがシャーウッドにおいて独自に開発したものです。地震列島の日本ではハウスメーカー各社が独自の耐震性を高める工法を採用する例が増えています。
住友林業はビッグコラム工法で製品の耐震性を高めています。住友林業は日本国内での耐震性重視の認識から、木造によるビッグコラムの研究開発に熱心です。国内に大規模な山林を有している住友林業は従来より木材の積極的な利用を行ってきました。ビッグコラムの採用は長年の研究開発が実った成果として高い評判を得ています。住友林業は木造住宅の専門メーカーとして、信頼性の高い技術を蓄積しています。

タマホームの大安心の家は耐久性を配慮した仕様の住宅です。タマホームの大安心の家は長期優良住宅の仕様を採用しています。長期優良住宅は高性能を長期間維持する仕様として高級なつくりになっています。建築基準法の耐震規定を上回る壁の量を確保し、地震に対して丈夫なつくりとなっているので安心です。さらに、耐久性や可変性などの基準もクリアし、安心して長く暮らしていくことができます。日本の伝統的な在来軸組み工法を採用している点もメンテナンスのうえで有利です。
ハウスメーカーは木造住宅以外にも様々な工法を提供していますが、会社により得意な工法が異なります。鉄骨造が得意な会社に木造住宅を依頼しても、満足いく出来栄えでは無い場合もあるので、どの会社に依頼するかを慎重に選択することが大切です。木造住宅は耐震性において、鉄骨造や鉄筋コンクリート造に劣るわけではありません。耐震壁を多く配置して、上下の階や平面上のバランスを考慮することにより高い耐震性が確保できます。木造住宅は日本の気候や風土に適したものとして、今後も日本人の広い支持を受けることが予想されます。

関連記事